着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前にどんな

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前にどんな着物に高値がつくのかあちこち調べると、何となくわかってきました。

素材や色柄、仕立てが上等であることが欠かせない要素ですがそれにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のチェックポイントだそうです。

ブランド品や、最高級品といわれる着物であってもプロが傷を見つけてしまうと査定額は大幅に下がるようです。

この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、ただタンスの奥で眠らせておいても着物にとっていいことではないだろうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。

私が最近聞いた例では、自宅への訪問査定を依頼したら、事前連絡なしに家にやってきて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、そういった心配は不要でしょう。

着物の買取が上手くいって、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされその譲渡には課税されないのが普通ですが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので税法上も案外複雑です。

少しでも気になるなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。

着物の保管は本当に大変ですよね。

着る機会がなくなってしまったら一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方がおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので決めるのに迷うときはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、着物買取業者の評価も調べられます。

良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。