着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を買い取ってもらおうと思い立っ

着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も選べるくらいありました。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

箱に詰めるほどの量でもないし近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は注意しなければいけません。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服の流通は少ないからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ごく一部ですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

結構そういう方がいるようです。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、素人が買取価格を予想するのは無理です。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いのでぜひ買い取りたい品だからです。

着物など値の張るものを買取に出す際、引取り額がわからないと不安になりますね。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

ただ、中古着物の値段というのは、状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、ひと括りにできないところがあります。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

着物が未使用でさえあれば、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

どんな生地、色柄も、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。