読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって久しい着物を処分するのに困って

着なくなって久しい着物を処分するのに困って、そのままという人も多いでしょう。

近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

大事に保管してきた着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

紬や訪問着など案外、高値になることもあります。

着物の管理は、忙しい人にはかなりの負担なので着る機会がなくなってしまったら手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。

余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか判断が難しいときはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。

着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。

着物など値の張るものを買取に出す際、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、和服は特殊な存在で、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。

例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのは当然です。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

素人が買取価格を予想するのは無理です。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があります。

現代の有名作家の作品なら、昔の品より裄丈にゆとりがあるため需要があり、業者が手に入れたいのです。

私の家では建て替えが決まり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物が出てきたのでびっくりしました。

上手く保管されていたので状態も良く、目立った傷みもなくきれいなままで残っています。

着物買取業者の案内を調べてみると反物の買取も、着物と同様に行っているそうです。

うちでは仕立てることも着ることもないでしょう。

買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。