着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

子供が生まれたとき、お宮参りに着

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだのできちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。

でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもどこに置くのかという問題があります。

この先、七五三で着れば良しとして新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、一定の年代になれば着ることはできません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、売却を考えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。

女子の人生では大事な着物でしょうから、まず、見積だけでも出してもらって、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高く買い取ってもらうには何が必要かあちこち調べると、何となくわかってきました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは高値がつく最低条件ですが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も買取価格に響くようです。

元々の品質は良かったものでも傷があることがわかると大きく価値が下がってしまう感じです。

織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので大事に手入れしてしまっていたのですが、洋服しか着ない毎日ですし、着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあって処分するなら今だと思いました。

ネットやタウンページで調べたところ、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。

誰か着てくれる人がいるなら着物が役に立つ可能性もあると思い思い切って売ろうと決めました。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用するときには気をつけなければいけません。

たとえば、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、その日のうちに急に家に訪れて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあります。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

誠実な業者であれば、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。