着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

先日のことですが、祖母の遺品である着物

先日のことですが、祖母の遺品である着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなくただタンスの奥で眠らせておいても着物の価値が目減りしていくだけだし次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが有名作家の作品というようなものはなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着物を処分したい。

できれば買取を利用してお金に換えたい。

でも売れなかったらどうなるのかな。

結構そういう方がいるようです。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があります。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので仕入れておけばすぐに売れるからです。

着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、たくさんの買取業者の中から絞り込むのに何を判断材料にしたらいいか、です。

今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので決め手がなければ選べないでしょう。

古着屋で着物も扱うところが多いのですが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。

専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定士の査定を受けられるので、着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着物の買取サービスを利用される方も思いの外、多く見かけます。

それでは、売れやすい着物は何なのかと誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコンを売るときと同じで生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが言うまでもなく、その有無によって買取価格が大きく左右されます。

着物の一部と考えて宅配の箱に入れるのを忘れないでください。