読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって久しい着物を処分

着なくなって久しい着物を処分するのに悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。

このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

ずっと寝かせていた着物類ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。

古いものでも状態が良ければ思ったより高額で引き取ってもらえるようです。

インターネットが普及した昨今では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、うろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。

でも、情報を精査するのは人間です。

金銭対価が生じる着物買取などは、業者のHPのほかに掲示板などの評価も参考にし、ふるいに掛けてから、2社以上に査定してもらうと良いでしょう。

思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、時間と手間をかけたほうが、あとで悔やまずに済みます。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に見せられるようにしてください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから決められた基準を満たすことについて明確に示している登録商標だと考えてください。

これを捨ててしまったり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定のときには揃えておいてください。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そんな方もいるでしょう。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、高値で売れる可能性があります。

比較的新しいブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いためぜひ買い取りたい品だからです。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、大柄の黄八丈のような着物でも、きちんと査定して買い取ってくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、訪問着や趣味的な汕頭着物なども広く取り扱っているそうです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。