読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

衣替えのたびに、納戸の桐たんす

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと思うのですが、形見の品でもあるしと思うと、ついに処分できずじまいでした。

先日ウェブ広告で着物買取業者というのがあるのを知り、数が多いのには内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物の買取を専門にしている業者さんというのは着物の価値がわかるのだなと感じました。

処分するならこういうところにお願いしたいですね。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど売れなかったらどうなるのかな。

結構そういう方がいるようです。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。

現代の作家の作品や、最近織られたブランド品は昔の品より裄丈にゆとりがあるため高値で転売できる可能性があるからです。

着物は日本が誇る美しい衣装ですが、いいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

虫干しは定期的に行い、和紙を挟んでから形通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

次に着てくれる人がいるでしょうし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も思いの外、多く見かけます。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

訪問着でいいものだけど、もう着ないという着物がある方、査定は無料の業者が多いですよ。

一度も着ることなくしまわれていた着物も、それだけで価値があるというわけではありません。

着ることによる傷みはなくても保管している間に経年劣化して、時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時の状態が良ければ高値がつきます。

もし、未使用で今後着る予定がないなどの着物があれば幸い、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。