着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を利用する

中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を利用するものが増えているみたいですから、私も貰い物の着物類を思い切って処分することにしました。

サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを目安にして依頼するつもりです。

量がたいしたことなければ、自分の手で和服買取のお店に持参するのが納得の秘訣だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断ることも気兼ねなくできます。

それに、直接顔を合わせることで、価格を交渉することもできます。

また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、信頼できそうな業者さんに出張で査定を依頼するというのも手です。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に提出することをすすめます。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて証明するために発行している登録商標のしるしです。

証紙は捨てられたりきちんと保管していない方もいますがないと自分が損をすると思いますので査定までに見つけておいてください。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたら本当にラッキーだと思います。

新しくて傷みがなければ、高値買取の条件を満たしています。

柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。

反物の状態であっても買取可能なのが普通です。

使われない反物があれば買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあります。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、元値が低いため、仮に買い取るとしても安かったり、最初から除外しているところもあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いですね。