読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を業者に宅配で送って、買い取りしても

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、このような品質を保証するものは高級品ほどあるのが当然となり買取価格はかなり違うと考えてください。

残っている限りのものを一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。

たいていの着物は高価な買い物だったと思います。

買取に出すときは、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、買い叩かれてしまうこともあります。

よくある和服買取業者への苦情といえば、買い叩きが最も多く、ほかには宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。

事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、依頼するようにしましょう。

それから、発送する前に写真に撮っておくのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。

近頃はインターネットが普及したことにより、以前は知るのに苦労した情報などもいとも簡単に入手できるようになりました。

しかし、何にでも言えることかもしれませんが、思い入れのある着物を買い取ってもらう際は、買取業者の評判についてよく調べ、信頼できそうな業者に絞ってから、2社以上に査定してもらうと良いでしょう。

1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

買取で常に価値があるのは有名な産地で生産された品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら一枚は持っていたいような有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。

着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはくれぐれも忘れないでください。

着物の買取を考えているので、まずは査定で高く評価される点をあちこち調べると、何となくわかってきました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは欠かせない要素ですがそれにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。

もとがどんなに高価だったとしてもプロが傷を見つけてしまうとそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。