読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえる

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるなら本当にラッキーだと思います。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえるケースも珍しくありません。

加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると思いがけないお宝になるかもしれません。

反物の状態であっても買い取ってくれるところがほとんどです。

使われない反物があればぜひ業者の査定を受けてください。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。

思ったより使い勝手は良いようで、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。

私の場合はどうしようと思いましたが買取に出す枚数を考えると車で行ける距離にお店があるので、持って行ってお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持ち込むだけで疲れてしまいますね。

そんなときこそ、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、量がある程度ないと宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、事前連絡の際に相談しましょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、きちんと査定して買い取ってくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬のほかには、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

検討する価値はありそうです。

この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、ただタンスの奥で眠らせておいても着物にとっていいことではないだろうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。