着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせ

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、着物買取をする業者が増えています。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、普通の買取業者を装って、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような違法行為をしている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。

振袖と言えば成人式ですが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、大事に持っているのは当然という人が多数派なのでしょうが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら着物の買い取りに回すとこれからの自分のためかもしれません。

色柄がきれいで、上質の素材であればそこそこの買取価格で売れるでしょう。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で形見分けできない着物は相当の枚数でした。

専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると梱包しなくても、電話すればどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒かあると知りました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、とうてい自分ではお店まで運べないとみんなで話していたので、それだけでもこちらは助かります。

古い和服を処分すると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、色あせや虫食いなどがあると、査定額もぐっと落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるみたいです。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

タンスの中で休眠状態の着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので他の着物より格段に手がかかります。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

ものが同じなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。