読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

一度も着ることなくしまわれていた

一度も着ることなくしまわれていた着物も、無条件で付加価値がつくとは限りません。

未使用の着物であっても経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないといった着物がご自宅にあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。

トラブル例を挙げると、着物の出張査定を頼んだだけなのに、いきなり連絡もなく家に来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

誠実な業者であれば、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯締め帯揚げといった小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば交渉次第で売れるかもしれません。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。

着なくなった着物でも、処分する際に一番気になるのは買取価格でしょう。

相場があれば知りたいというのも当然です。

とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、きちんと手入れしながらしまっていても、圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなく処分するなら今だと思いました。

買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物の買取を専門に行う業者も結構あるとわかりました誰か着てくれる人がいるなら着物にとってもいいだろうと思い、いつ、どこに売るかを検討しはじめました。