読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。

不安を解消してすっきりしたいなら、申告漏れのトラブルを避けるためにもどこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。

数ある着物買取業者の中でも、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。

査定や売買に関する相談は無料ですし、24時間365日対応しているため、自分の時間に合わせて電話できます。

相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。

持込のほか訪問や宅配便にも対応していて、査定は無料ですから、評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。

着る人のいない和服を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

ただ、和服は特殊な存在で、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

和服専門の査定士がいるお店に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

けれどもウールや化繊の着物というと、もともとの価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、引き取ってくれる可能性が高いですね。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に提出することをすすめます。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて証明するために発行している登録商標になっています。

買ったときに証紙を捨てる方だの言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがないと自分が損をすると思いますので査定のときには揃えておいてください。