着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

高かった和服を業者に引き取ってもらう

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、大損なんてことになりかねません。

よくある和服買取業者への苦情といえば、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。

まず業者のクチコミ情報などを集め、ある程度選抜してから依頼すると安心です。

また、中身の写真を撮っておくというのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき注意することが一つあります。

多くの着物についてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、高級品であるほど、あるかないかによってものの価値は相当違ってきますから、きちんと保管してあれば、着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですがかさばる着物をお店に運ぶのも大変だしどのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか自分で調べる余裕もなくずいぶん長い間放っておいたのです。

最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが増えてきているそうでいいお店をランキングサイトで調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店をじっくり探していきます。

着る人がいない着物を処分する際は、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、最初から除外しているところもあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、引き取ってくれる可能性が高いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いらしいので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、手放そうと思います。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、誠実な業者さんを探したいと思っています。

中古品取扱の登録業者さんなら安心なので、それを目安にして電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。