読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

結構そういう方がいるようです。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

とても素人判断ができるものではありません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

ブランド品でも最近のものは昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので中古市場で高値をつけられるからです。

自宅の建て替えに向けてためこんでいたものを整理しているとその中で、忘れられていた昔の反物が出てきました。

保管状態は良く、目立った傷みもなく買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者に尋ねてみたところ、こうした業者は、反物も扱っているようです。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、近所に店舗がなかったりすると、持っていくだけで大仕事になってしまいます。

そんなときこそ、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。

電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただ、量がある程度ないと来てもらえないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

たとえば、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあります。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

誠実な業者であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。

友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られた着物を買い取ってくれる業者がないか周りに聞いて回っています。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないときはどうしたらいいのかなんて心配もあるようです。

確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。

明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。

何人かの話を聞いて、友達は買取をあっさり断念したようです。