着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物を処分する際は、絹物の友

着る人がいない着物を処分する際は、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、新しくても元の価格が安いですから、中古買取でも良い値がつかず、引き取れないと言われることもあるようです。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、買取価格がつくことも多いと思います。

自宅をリフォームすることになり、あらゆるものの整理を行っていたところ仕立てる前の反物が見つかりました。

奥に隠れていた割には、きれいに保管されており外から見てわかるような傷みはなく買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

仕立てないで置いておくのももったいないので買取してもらうと片付けにもなり、換金もできて嬉しい限りです。

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地の名を冠するブランドものです。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドであればファンが多いので、高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことは着物買取の常識です。

初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。

保管も手がかかるのはよくわかっています。

でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもわが家にそんなものを置くスペースはありません。

これから七五三で着れば十分でしょう。

その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。

女子にとって、成人式の振袖はどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人もどこにでもいますが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら専門の業者に買い取ってもらえば思い出を清算できると思います。

色柄がきれいで、上質の素材であればそこそこの買取価格で売れるでしょう。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。