読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

不要になった和服。もしリフォームするのでな

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

愛好者の多い紬などは、大柄の黄八丈のような着物でも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

リサイクル店より見る目があるので、相応の価格がつくのが嬉しいですね。

紬のほかには、友禅、江戸小紋なども買取対象です。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

この間、祖母が着ていた着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも着物がかわいそうだし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

いまどきはネットが大変発達しているため、かつてはわからなかったような情報もいとも簡単に入手できるようになりました。

ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。

それなりの値段のする着物買取などは、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、ある程度の良し悪しを見極めてから、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。

単独査定だと高いか安いかわかりませんし、多少の手間は不可欠です。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうときできるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電などの買取経験があればおわかりの通り、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品ほどあるのが当然となり査定には大きな影響が出ますので残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を取扱をやめた店も少なくないので、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが良いと思います。

どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

近所に心当たりがないときは、ネットで検索すれば簡単に見つかります。