読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服の買取というと、宅配便を

和服の買取というと、宅配便を利用するのが最近では多いようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物を思い切って処分することにしました。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、誠実な業者さんを探したいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、それを掲げている業者さんに依頼するつもりです。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締め帯揚げなど小物も併せて買取可能です。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。

着物買取の査定を受けるときに着物や反物の証紙を添えて出してください。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを証明するために発行している独自の登録商標を指します。

買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。

祖母が遺した着物があったので着物買取専門のお店に持って行きました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、着ないまま持っているのも着物の価値が目減りしていくだけだし次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。

着物としてどれほど高級だとしても、査定時に汚れや、カビをチェックされると大幅に安くされるのが当然といえば当然です。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、それなりの値がつくこともあり得ます。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。