読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人のいない和服を処分するとき、値段が心配にな

着る人のいない和服を処分するとき、値段が心配になりますよね。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、ひと括りにできないところがあります。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。

処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけで無料で梱包する業者もあることに驚きました。

着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、とうてい自分ではお店まで運べないとみんなで話していたので、それだけでもこちらは助かります。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを公に証明している独自の登録商標を指します。

証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。

もう着ない着物を買い取ってほしいとき最大の関心事は自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかに決まっています。

着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、明らかな相場はありません。

ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られてそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。

査定は無料で行うのが当たり前になっているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、結城や牛首のような品でなくても、種類を問わず買い入れてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬だけでなく、友禅、江戸小紋なども取扱対象のようです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。