着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高額査定がつきやすく、逆に退色やシミがあったりすると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるなら売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。

自分が満足できる査定額でなかった場合に、後で他のお店に回ることもできるからです。

持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、出張でも無料査定を行い査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。

祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも着物がかわいそうだし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めています。

実は、先日形見分けできない着物は相当の枚数でした。

処分を決め、買取業者を探してみると電話もしくはメール一本で車で買取に来る業者も当たり前のようにあってびっくりしました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、とうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたのでとても嬉しいサービスでした。

タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、業者はたくさんあり、どこが良心的なのか自分で調べる余裕もなく実にもったいないことをしていました。

店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も手軽に利用できるようです。

サービスの内容や買取価格を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところをじっくり探していきます。