読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買い取ってほし

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど売れなかったらどうなるのかな。

そんな方もいるでしょう。

着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で高値がつく可能性も十分あります。

あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるのでぜひ買い取りたい品だからです。

着物など値の張るものを買取に出す際、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

私が最近聞いた例では、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、アポ無しで来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があって、たしか新聞にも載りました。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

きちんとした古物取扱商であれば、このような行為は無縁でしょう。

自宅をリフォームすることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物が出てきたのでびっくりしました。

上手く保管されていたので状態も良く、外側だけ見ましたが、傷みはなくておそらく買ったときのままです。

ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、多くは反物も買い取っていることがわかりました。

仕立てないまましまっておくよりも、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

着物の買取が上手くいって、予想以上のお金に換えられることもあります。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

考え方としては、衣類は生活必需品なので有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでいろいろなケースが考えられます。

いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、確定申告の必要があるかどうかを知るために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。