着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めてい

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

処分を決め、買取業者を探してみると電話でのやりとりだけで自宅まで取りに来てくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。

整理して箱詰めするのも大変な量で、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と頭を抱えていたので実にありがたい話です。

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

でも、とにかく手入れが大変です。

これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管もそれなりに大変なのは承知しています。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、どこに置くのかという問題があります。

これから七五三で着れば十分でしょう。

その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、量が多かったり、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

それなら、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただし、それなりの量に満たなければ受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても売れないと恥ずかしい。

そう思うのもわかります。

振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。

また素材や技法によって価値が変わるので、素人が買取価格を予想するのは無理です。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、結構な値段で売れることも珍しくありません。

ブランド品でも最近のものは昔の着物よりもサイズが大きく、買いたい人が多いので仕入れておけばすぐに売れるからです。

成人式の振袖と言えば、誰でもどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、大事に持っているのは当然という人が案外いるようですが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら着物の買い取りに回すと思い出を清算できると思います。

買ってから日が浅く、ものが良ければそれなりの評価が期待できます。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。