読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取業者に問い合わせてみると、着物だけ

着物買取業者に問い合わせてみると、着物だけを買い取るのではなく、和装小物も積極的に買い取っています。

ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえば売れるものの幅が広がりますから全部合わせて高めに査定してくれる業者の話もよく耳にします。

たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配便にし、査定してもらうと絶対に損はしません。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。

私が見聞きしたところでは、着物の出張査定を頼んだだけなのに、その日のうちに急に家に訪れて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。

スティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。

誠実な業者であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服だけは気をつけなければいけません。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

和服の中古市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、少ないからです。

それを理解した上で、買取を希望するなら、ごく一部ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

わが家もとうとう建て替えることになり、昔からしまいこんでいたものを整理していますが、仕立てる前の反物が見つかりました。

手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く素人目に傷みは見られず買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物買取業者の案内を調べてみると反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高値になり、色あせや生地の傷みがあるときは、査定価格から差し引かれ、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。