着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが多い

和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、手放そうと思います。

紬や絣など高価な着物も多いので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。

古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから査定依頼する予定です。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは取扱をやめた店も少なくないので、あらかじめ持ち込む前に確認したほうが確実です。

買取なら、中古着物専門の業者のほうが、高値で買い取ってくれますから、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

近所に心当たりがないときは、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

虫干しに始まって間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと十分手間をかけないと状態を保てません。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も業者に買い取ってもらうという手があります。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、注意することが一つあります。

着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコンを売るときと同じで生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品であるほど、あるかないかによって買取価格が大きく左右されます。

取っておいたものを全部、必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、着なくなったら、専門の業者に買い取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。

無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。