着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。

紬や絣といった着物なら、結城や牛首のような品でなくても、種類を問わず買い入れてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅やブランド着物なども扱っているようです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

袖を通したことはなくても、保管している間に経年劣化して、もろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

祖母の形見ですが、着る人もなく着ないまま持っているのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは大幅に安くされるのが普通の結果なのです。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取の可能性がかろうじて残っています。

素人が決めるのは得策ではありません。

まず無料査定にかけてみるのが一番です。

このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

私が見聞きしたところでは、買取前の出張見積りを依頼したところ、いきなり連絡もなく家に来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるようです。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。