着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たとえ未使用の着物で、傷みがなくて

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。

どんな生地、色柄も、少しずつ劣化していくこともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、無料査定を受けられる業者を探してください。

祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、どこまでも買取の車を出してくれるところも何軒もあってびっくりしました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と泣きそうになっていたので、こういうサービスが欲しかったと思いました。

もう着ない着物も、買取で高値がつけばすごく得をした気分ですよね。

まずは新品同様であれば、高い値がつくケースも珍しくありません。

そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけないお宝になるかもしれません。

反物も一反あれば着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

反物一本だけでも、無料査定や相談を利用してみてください。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで問い合わせたほうが無駄足にならずに済むでしょう。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、高値で買い取ってくれますから、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。

最近の着物買取というのは、ある程度のシミであれば、業者が染み抜きの手配をするため、買取になる事例が多いそうです。

とはいえ、買取価格はそれなりになってしまいます。