読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろ

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば産地がその名につくブランド品です。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはくれぐれも忘れないでください。

和服や和装小物の買取といえば、宅配便を利用するのが最近では多いらしいので、自分も結婚前に仕立てたものなどを引き取ってもらおうと考えています。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、実家にはたくさんあります。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。

聞いた話では、今時の中古着物は、ある程度のシミであれば、業者が染み抜きの手配をするため、問題視しないで買い取るそうです。

といっても、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

でも、とにかく手入れが大変です。

どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので保管もそれなりに大変なのは承知しています。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

もうすぐ七五三で着ますが、新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。

その整理に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。

最近は専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

たんすに眠ったままだった和服ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。

査定料や相談料が無料の業者さんも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高値がつくかもしれません。