着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、いまど

いままで知らなかったのですが、着物の買取は、いまどきは宅配便を使った査定方式が増えているみたいですから、独身時代に集めていた着物類を、引き取ってもらおうと思っています。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、まともな業者さんに預けたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、先に確認してから査定依頼する予定です。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

私が見聞きしたところでは、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるようです。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。

ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかればかなり価値を下げてしまうのがどの業者でも同じです。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものならそれなりの値がつくこともあり得ます。

素人が決めるのは得策ではありません。

まず無料査定にかけてみるのが一番です。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、訪問着や趣味的な汕頭着物なども取扱対象のようです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られた着物を自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと周りに聞いて回っています。

すれや傷みもあるということで査定しても値がつかないかもしれないなどと、いろいろ考えているみたいです。

ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。

はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取を止めて、他の方法を探しています。