読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着なくなった古い着物や帯などが、うちの納戸

もう着なくなった古い着物や帯などが、うちの納戸には山ほど保管されていました。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

いまどきの買取は、多少のシミがあっても業者に染み抜きの専門家がいるので、買取になる事例が多いそうです。

ただ、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

処分を考えているのなら、良い値段で買取してもらえるよう、買取業者さんの評判を確認しましょう。

買取実績もあって評判も悪くない業者さんにあたりをつけたら、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比較します。

高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

先日のことですが、祖母の遺品である着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、誰も着ないのにとっておくのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき着物や反物の証紙を添えて出してください。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを証明として発行された登録商標だと考えてください。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も選べるくらいありました。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

買取に出す枚数を考えると近くのお店に車で持って行き、買取を一気に終えられるようにしたいと思います。