着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、ケースによって違うと考えましょう。

不安を解消してすっきりしたいなら、大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、着物や反物の証紙を添えて出してください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地で、一定以上の品質の製品だと証明するために発行している登録商標になっています。

証紙は捨てられたり所在不明という方も実際にいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

もし処分するなら、良い値段で買取してもらえるよう、ネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。

買取実績もあって評判も悪くない買取業者を見つけたら、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べてみると一目瞭然です。

買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、損することなく良い売却結果につながると思います。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

和服の中古市場では、喪服に対する需要はきわめて少ないからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、限られた一部の会社ですが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、まずはそこに確認してみると良いでしょう。