読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

要らなくなったり着れなくなった着物を処

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅、江戸小紋なども広く取り扱っているそうです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。

大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドなら欲しい方が多いので査定でも高値を期待できます。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどこの業者の買い取りでも求められます。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがお手入れするのは結構負担ですよね。

虫干しに始まって間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

量がたいしたことなければ、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断ることも気兼ねなくできます。

なにより対面式ですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、これなら大丈夫という引取業者に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他にトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

例外もいくつかあります。

たとえば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど業者によっては買い取りの可能性があります。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。