着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつく

着物が未使用でさえあれば、必ずしも高値がつくものではありません。

袖を通したことはなくても、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

使用済か未使用かではなく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。

保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物に心当たりがあれば、無料査定を受けられる業者を探してください。

着物のブランドはたくさんありますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地の名を冠するブランドものです。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら持っていて当然と言える有名ブランドであればファンが多いので、高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどの着物でも変わりません。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、利用するときには気をつけなければいけません。

私が見聞きしたところでは、出張査定(買取)を頼んだら、アポ無しで来て、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあるようです。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

誠実な業者であれば、このような行為は無縁でしょう。

まとまった量の着物を買い取ってもらい、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので簡単に割り切れない問題です。

少しでも気になるなら、申告漏れのトラブルを避けるためにも申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に悩んでいる人はいませんか。

このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

たんすに眠ったままだった和服ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。

無料査定のところも多く、宅配・出張・持込の方法から選べるのも良いですね。

古いものでも状態が良ければ思ったより高値になることもあります。