読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、利用するときには気をつけなければいけません。

たとえば、自宅への訪問査定を依頼したら、アポ無しで来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるようです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

古物商の届出が出ている業者は、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。

着物の宅配買取もよく行われていますが送るときには、最後まで気を遣ってください。

着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは産地や製作者の証明になるので、高級品であるほど、あるかないかによって買取価格はかなり違うと考えてください。

残っている限りのものを必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、処分を考えているのなら、高値売却のために買取業者さんの評判を確認しましょう。

買取実績もあって評判も悪くない業者さんにあたりをつけたら、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べてみると一目瞭然です。

買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、それ以外に着る機会はありません。

着られる時期にも限りがあります。

ですから、管理が負担になるくらいなら、買い取ってもらってお金に換えるのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。

女子の人生では大事な着物でしょうから、まず、見積だけでも出してもらって、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、ネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者も選べるくらいありました。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが箱に詰めるほどの量でもないし近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。