読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を

初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。

小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、横長のタンスを置く場所はありません。

この先、七五三で着れば良しとして後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

新しくて傷みがなければ、高値買取の条件を満たしています。

加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると予想以上のお金が手に入るかもしれません。

反物で、仕立てていないものも大抵の業者では買い取ってくれます。

反物のままでも遠慮なく査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

振袖や訪問着以外にも、紬の着物だって、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、種類を問わず買い入れてくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬だけでなく、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。

これまで大事にとっておいた、大切な着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。

一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらい買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。

ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を訪ねることをすすめます。

データが揃った後で、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、査定時に言われた様々な条件もそこを十分確認してから決めましょう。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど併せて買取可能です。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用済みだとほとんど売れないからです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。