読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、少ないからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、数は少ないですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服をどうにか処分したいとは思うのですが、それぞれに思い出もある着物なので、処分しないまま月日が経ちました。

ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、びっくりしました。

産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、着物専門のお店なら、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。

着物の買取が上手くいって、予想以上のお金に換えられることもあります。

確定申告は必要なのか、気になるところです。

普通、着物は生活必需品とみなされ、有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでこれならこう、と断言できないことが多いのです。

少しでも気になるなら、大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこでぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと明確に示している登録商標になっています。

買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定までに見つけておいてください。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

各種和装小物も買い取るところが多いのです。

買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうとトータルコーディネイトもできるので査定価格に若干上乗せしてくれるという業者の話もうなずけます。

着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類も着物を送る際、一緒にして宅配便にし、査定してもらうといらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。