読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取店に自分で

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、買い取りを断ることも簡単です。

直接会って話すわけですから、価格を交渉することもできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、これなら大丈夫という引取業者に出張で査定を依頼するというのも手です。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、点数自体が多いとか、お店が近所になかったりすると、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

そんなことを考えているときは、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、量がある程度ないと利用できないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

この間、祖母が着ていた着物を売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく誰も着ないのにとっておくのも着物がかわいそうだし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

いわゆる作家ものの着物はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。

ということは、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

もう着ないという決断ができれば、買い取ってもらってお金に換えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

買取価格は業者次第ですが、もともとの生地や仕立ての良さ、保管状態によって数千円からいいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いのでできれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。

近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。

無料の電話相談は、24時間365日対応しているため、自分の時間に合わせて相談できるんです。

携帯やスマホにも対応しているので外からでも大丈夫です。

持込のほか訪問や宅配便にも対応していて、査定は無料ですから、初めてでも安心して利用できますね。