着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けも

もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの可能性がぐっと高まります。

付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば思いがけない高値で売れることもあります。

反物の状態であっても大抵の業者では買い取ってくれます。

反物のままでも遠慮なく買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、持ち込む前に電話やメールなどで確認したほうが良いですね。

また、着物買取を専門にした業者もあり、より高い価格で買い取ってくれるので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

といっても知っている店がないという場合は、ウェブ検索で見つけられます。

手間をかけるだけの価値はあると思います。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

いくら着物として上等であっても、査定のとき、汚れやカビが見つかればほとんど値がつかないというのがごく当たり前です。

手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買取の交渉もできるかもしれません。

素人が決めるのは得策ではありません。

とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着物を買い取ってもらえないかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか気になるところですが、ずばり、訪問着が一番高く売れます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、着る場面は、未婚か既婚かに関係なく多いのです。

訪問着で、手放してもいいものがある方は、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、注意することが一つあります。

反物を買ったときか、仕立てたときについてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによって買取価格はかなり違うと考えてください。

きちんと保管してあれば、必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。