読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わっ

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは産地の名を冠するブランドものです。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高値がつく可能性は高いでしょう。

着物の状態がいいことは前提条件で、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどの着物でも変わりません。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。

私が最近聞いた例では、自宅への訪問査定を依頼したら、その日のうちに急に家に訪れて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあって、たしか新聞にも載りました。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、このような行為は無縁でしょう。

量がたいしたことなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、気楽に断れます。

それに、直接顔を合わせることで、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。

もし、分量が多くて持参できないときは、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、これなら大丈夫という引取業者に出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、安値で買われてしまうこともあります。

よくトラブルで耳にするのは、買い叩きが最も多く、ほかには宅配査定関係も増えました。

対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、査定依頼すると良いでしょう。

ちょっと手間ですが中身の写真を撮影しておくとトラブル防止に役立ちます。

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、点数自体が多いとか、近所に店舗がなかったりすると、持っていくだけで大仕事になってしまいます。

どうしようかなと迷ったら、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。