読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

最近多い和服の買取で、いくつか

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、利用するときには気をつけなければいけません。

たとえば、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、アポ無しで来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるのです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱いのない店もありますから、持参する前にあらかじめ問い合わせたほうが確実です。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、より高い価格で買い取ってくれるので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。

近所に心当たりがないときは、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、最短30分で出張査定に来てくれるうえ査定が丁寧なので評判です。

無料の電話相談は、24時間365日対応しているため、忙しくても手があいたときに相談できるんです。

スマホや携帯でもかけられます)出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。

初めてでも安心して利用できますね。

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物は着るべき時に着るもので、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。

振袖は特に、袖の長さの分だけ虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。

将来にわたって、着ないと思われる着物は業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで着物や反物の証紙を添えて出してください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地の基準に適合していることを公に証明している登録商標のしるしです。

証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。