読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い

持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこかさっぱり見当もつかず、ずるずると先延ばしにしていました。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も全国に増えているようで、大手から専門的なところまでいろいろあるので、自分のニーズに合った業者をじっくり探していきます。

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着物は着るべき時に着るもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しをするにも他のものより気を遣います。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しいものほど、また手入れのいいものほど高値がつきます。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。

トラブル例を挙げると、着物の出張査定を頼んだだけなのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあります。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、そういった心配は不要でしょう。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、量が多かったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

そんなことを考えているときは、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

ただし、それなりの量に満たなければ宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、今のわが家では、場所に余裕はないのです。

七五三で着た後はごめんなさいをして、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。