読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもわが家にそんなものを置くスペースはありません。

もうすぐ七五三で着ますが、高く売れるうちに手放したいと思っています。

着物の価値を評価してもらうために証紙を一緒に提出することをすすめます。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標だと考えてください。

これを捨ててしまったり所在不明という方も実際にいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、探して査定のときに持って行ってください。

この間、祖母が着ていた着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

着物を着る機会が少ない身内ばかりで、誰も着ないのにとっておくのも着物にとっていいことではないだろうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

何軒かの業者で相談しましたが、一点で高値がつくようなものはなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

いくら着物として上等であっても、査定時に汚れや、カビをチェックされるとかなり価値を下げてしまうのがどの業者でも同じです。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の交渉もできるかもしれません。

いずれにせよ、素人が安易に決めつけずに無料査定で可能性を探ってみましょう。

全く袖を通したことがない着物でも、必ずしも高値がつくものではありません。

着ることによる傷みはなくても経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物をお持ちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。