着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

この間、祖母が着ていた着物を

この間、祖母が着ていた着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。

いまどきはネットが大変発達しているため、普通の人が普段触れないような情報まで、うろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。

しかし、何にでも言えることかもしれませんが、大事にしてきた着物を処分する際は、その会社を見るだけでなく、業界での評判も比較し、信頼できそうな業者に絞ってから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、時間的余裕があれば、手間をかけたほうが良い結果が出せるはずです。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締め帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば交渉次第で売れるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。

無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、注意することが一つあります。

着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、このような品質を保証するものは言うまでもなく、その有無によってものの価値は相当違ってきますから、残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。