読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと周りに聞いて回っています。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないときはどうしたらいいのかなどと、いろいろ考えているみたいです。

確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。

買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをもういいと思ったようです。

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

よく聞くトラブルというと、買い叩きが最も多く、ほかには宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、ある程度選抜してから依頼すると安心です。

また、中身の写真を撮っておくというのも良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。

もう着ない着物を買い取ってほしいとき何とかしたいと思うのは自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかしかないでしょう。

相場はどのくらいか、気になりますがこれが相場、という基準はありません。

素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによってそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

そうした価値を理解している鑑定士に見てもらうのが一番です。

どこの業者でも査定は無料なので、着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。

要らなくなった着物を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、和服は特殊な存在で、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、ひと括りにできないところがあります。

また、仮に同等の着物があったとすると、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

和服専門の査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。

誰も着ないまま、長い間しまわれている着物は、たまの手入れだけでも大変ですよね。

着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので管理も他の着物に比べ負担感が増します。

将来にわたって、着ないと思われる着物は買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。

ものが同じなら、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。