着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

一般的に質屋さんはなんでも扱う

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、持参する前にあらかじめ聞いたほうが確実です。

もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで検索すれば簡単に見つかります。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

有名作家の作品というようなものはなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。

これらは品質の保証になるもので高級品であるほど、あるかないかによってものの価値は相当違ってきますから、一部でもとってあれば必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も案外身近にいるものです。

着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと疑問に感じる方が多いでしょうが需要が多いのは何といっても訪問着です。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。

着物買取に査定してもらうときは、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。

それもそのはず。

中古の和服市場では、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、買取対象に喪服を含むところもあるので、そちらを当たってみるのも手でしょう。