読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いまどきはネットが大変発達して

いまどきはネットが大変発達しているため、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、いとも簡単に入手できるようになりました。

ただ、どんなことにも言えますが、大事にしてきた着物を処分する際は、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

単独査定だと高いか安いかわかりませんし、手間や時間がかかることは仕方ないです。

多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も少なくありません。

それでは、売れやすい着物は何なのかと疑問に感じる方が多いでしょうが一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、査定は無料の業者が多いですよ。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高額査定の決め手になるのは何か調べてみると、共通点がありました。

ブランド品や、上等な品ならばというのは欠かせない要素ですがそれにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のチェックポイントだそうです。

どんな高級品だとしても査定のときに傷が見つかったら大幅な査定額減は避けられないようです。

着なくなった着物でも、処分する際に値段が心配になりますよね。

古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。

とはいえ着物類は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。

和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのときぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地基準を満たした製品であると証明するために発行している登録商標のしるしです。

証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。