着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

中古着物の買取業者によるトラブル

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。

私が見聞きしたところでは、買取前の出張見積りを依頼したところ、アポ無しで来て、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがあるのです。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、家に押しかけて居座るようなことはしません。

箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、処分先をどうするか考えこんでしまって放置している人もいらっしゃるでしょう。

それならネットの和服買取業者を利用すると手軽で良いと思います。

業者のサイトから申し込むだけで、宅配便の送料が無料になったりするのでお得ですね。

また、もともとは高かった着物を見てもらうのですから、ちゃんとしたプロのいるお店に依頼することが大事です。

古着同然の価値では困りますからね。

量的に無理でなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、買い取りを断ってしまえばいいのです。

対面で疑問点の解消もできますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

また、量が多いのなら、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、ここなら良いというところに出張で査定を依頼するというのも手です。

着物を買い取ってもらおうと思い立って、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も選べるくらいありました。

私の場合はどうしようと思いましたが箱に詰めるほどの量でもないし近くの専門店への持ち込みができそうなのでその場で査定から換金まで済ませたいと思います。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、その譲渡には課税されないのが普通ですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、税法上も案外複雑です。

いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、申告漏れのトラブルを避けるためにも最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。