着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えて

古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが高額査定がつきやすく、逆に退色やシミがあったりすると、査定額もぐっと落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

振袖と言えば成人式ですが、どうしても思い出や思い入れを背負っているもので、絶対手元に置いておくという人もどこにでもいますが、着る機会は多くないので、それがなくなってしまったら着物の買い取りに回すとより生産的かもしれません。

上質の生地で、色や柄も品のいいものなら思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。

着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば本当にラッキーだと思います。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの条件を満たしています。

そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると高価買い取りも夢ではありません。

反物で、仕立てていないものも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。

反物一本だけでも、買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがその手入れには特有の手間がかかるものです。

虫干しで空気を通し、和紙を挟んでから形通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も思い切って買い取りしてもらいませんか。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

それもそのはず。

中古の和服市場では、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それを理解した上で、買取を希望するなら、限られた一部の会社ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。