読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

常々、着物を買い取りに出したいと

常々、着物を買い取りに出したいと考えていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持参するのに苦労しますね。

そんなときこそ、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、業者基準の量に満たないときは、受け付けないこともあるので、事前に電話で相談しましょう。

これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、どの業者を選べばいいのか、どのように決めたらいいか、迷うでしょう。

今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので選ぶのは却って難しいといえます。

よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。

専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人の目を通せるので着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが価格は高くなるらしく、汚れや傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるのだそうです。

シミは業者側がきれいにすることもあるとか。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく見かけるようになりました。

もったいないからと手放さないでいると、きちんと管理しているつもりでも、経年劣化はあるので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

状態が良く新しいものは、リサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取りしてもらうことが肝心です。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

もう着ないという決断ができれば、売却を考えるのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

買取価格は業者次第ですが、もともとの生地や仕立ての良さ、保管状態によって数千円から保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

無料相談や査定を行っている業者も多いので、時間をかけて調べ、自分が納得できるところで手放してください。