読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えて

昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方は少なくないでしょう。

リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、ただ捨てるよりは売って、いくらかでもお金に換えたいものです。

着物の買取専門店は何軒もありますが、まずは友禅市場に問い合わせてください。

査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。

査定だけで、結果を見て売らないこともありです。

着物の処分を考えている方、まずは試しで買取先の候補にしてはいかがでしょうか。

日本の女子にとって、振袖を着るのは大事なシーンに限られます。

別な見方をすれば、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、買取業者に引き渡すのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

まず、見積だけでも出してもらって、複数の業者にあたって、自分が納得できたら手放すといいでしょう。

着ることがなくなった着物は思い切って、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

流行り廃りのない紬の着物などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬は男性物でも良いですし、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している登録商標のことなのです。

これを捨ててしまったり所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなのでなんとか探し出してください。

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。

一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。

晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。

きちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。

桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、わが家にそんなものを置くスペースはありません。

もうすぐ七五三で着ますが、その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。