読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ない着物を買い取り出すつも

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友人が買取の概要を教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが価格は高くなるらしく、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、価格がつかない(引き取らない)こともあるようでした。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締め帯揚げなど小物もセットで売ることもできます。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば業者によっては買い取りの可能性があります。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

もし売却を考えているなら、良い値段で買取してもらえるよう、着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。

サービスが充実していて高値買取してくれそうな買取業者を見つけたら、1社でなくせめて2社くらいに査定させ、その額を比べると目安になると思います。

買取値や査定理由が明確なところを選ぶと満足のいく結果も出やすいと思います。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたら着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。

新しくて傷みがなければ、高値買取のケースも珍しくありません。

付加価値として柄、素材、仕立てなど特長があれば思いがけない高値で売れることもあります。

反物も一反あれば大抵の業者では買い取ってくれます。

仕立てる予定のない反物も査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、量が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持っていくのに一苦労です。

どうしようかなと迷ったら、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただ、量がある程度ないと来てもらえないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。